人工ミルク

人工乳は、生後1か月の乳児に餌を与えるために使用される食品です。母乳育児が不可能な場合は、このタイプのボトルミルクが使用されます。これは、母乳育児の唯一の有効な代替手段です。乳児用調製粉乳の種類を示すことができるのは小児科医だけです。市場には多くの粉ミルクがあり、子供が自分に最も適した粉ミルクを摂取できるようにさまざまです。

新生児を保護するために、アレルギーや病気などの将来の問題が発生しないように、乳児用調製粉乳には厳格な管理があります。通常、5か月までの乳児用調製粉乳は、乳糖、オリゴ糖、(植物性)脂肪、ビタミン、ミネラルが豊富な母乳に最もよく似た、適応または開始用調製粉乳(番号1)です。生後6か月が経過すると、乳糖が少なく、鉄分が豊富で、牛乳のように見える後続の牛乳(2番)を与えることができます。 12か月後、成長乳に切り替える必要があります。成長乳は常に食事療法ですが、牛乳にビタミンとミネラル塩が含まれています。

この時期から、赤ちゃんは消化器系がほぼ完全に発達しているため、牛乳を飲むことができます。未熟児や低体重の赤ちゃん向けのミルクの種類もあり、特にタンパク質が豊富で、成長の迅速な回復を可能にし、数字の0で示されます。市場には液体人工ミルク(より実用的)もあります。 48時間以内に使用する必要があり、開封後は冷蔵庫に保管し、15〜20日以内に消費する必要がある乳粉を使用する必要があります。子供が食事を終えない場合は、後でそれを再び使用しないことをお勧めします。パッケージを購入するときは、明らかに製品の有効期限を注意深く確認する必要があります。

も参照してください

成長ミルク:すべての母親が自問する質問に対する5つの回答

母乳:生産量を増やす方法とそれを保管する方法は?

1年後に赤ちゃんにどのミルクを与えるべきですか?詳細を調べるためのヒント

子供が特定の種類のミルクに耐えられない場合は、たとえば、ガス状の疝痛を回避する乳糖を含まないミルクや人工H.A.乳タンパク質アレルギーに苦しんでいる子供たちのために、しかしそれはより高価で味が良くありません。赤ちゃんが牛乳タンパク質にアレルギーがある場合、または腸疾患の場合、有効な代替手段は豆乳です。最後に、嘔吐の問題を改善する物質が追加された逆流防止ミルクもあります。

準備のために、いくつかの小さな衛生規則を尊重する必要があります:それが粉末であるか液体のミルクであるかにかかわらず、きれいな手と着ている服と投与量の正確さ。粉ミルクの場合、人工ミルクの特性を変えないように、ミネラル含有量が少なく、ミネラル塩の含有量が中程度の非炭酸水を使用することをお勧めします。水道水を使いたい場合は、沸騰させてから冷ましてください。

参照:
親の使命:自己離乳の利点とリスク
赤ちゃんの人生の最初の日。それらを穏やかに生きる方法は?
新生児の生後1か月
人生の最初の年。四半期ごとのアドバイス
母乳育児の黄金のルール
母乳育児と仕事、可能な組み合わせ?
離乳
哺乳瓶
母親になる:何が変わるのか?
母乳

タグ:  結婚 旧棲こ 旧豪華